13.途中下車して温泉へ(2)-奥羽本線浪岡駅(浪岡駅前温泉)

黒色湯の源泉かけ流し

列車の旅をしていると、ちょっと途中下車して温泉に入りたいなあと思う時があります。
列車の時間もあり、駅からあまり遠くへは行けませんが、今まで行った中で気に入った温泉をいくつか紹介したいと思います。
奥羽本線浪岡駅から数分歩くと、道路沿いにごく普通の銭湯のような建物があります。ここが黒いお湯で有名な浪岡駅前温泉です。浴室もまさに昔懐かしい銭湯そのものの雰囲気ですが、おっと思わせるのが、大きなライオンの口から大量に注がれる透明度の低い黒色の湯で、これが湯船から溢れ出ています。

湯船に入るとまるでブラックコーヒーに浸かっているようで、泉質も肌にまとわりつくような感じでいかにも効きそうです。
東北は入浴料が安いところが多いのですが、こちらもまさに銭湯価格の350円。朝6時から営業していて、近くの方が羨ましい限りです。





奥羽本線浪岡駅

浪岡駅から徒歩数分の距離です。

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: 普通列車の旅, -JR東日本, 温泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*