46.那覇市内で安く泊まれる「照美荘」はこんなところ。

那覇市内で安く泊まれる「照美荘」はこんなところ。

北海道の列車の旅を急遽取りやめて、急に行きたくなった沖縄へ。10年振りとはいえ、もう何回も行っているので、観光は控えめにして那覇で飲み歩くことにします。そのためホテル代は節約して、その分を飲み代に回します。
9月下旬とはいえ、那覇市内はどこもホテルが高いですねえ。でも、ゲストハウスやカプセルホテルはどうも苦手なので、そこで選んだのが「照美荘」という宿。1泊平日は2,300円、休前日でも2,500円(いずれも消費税増税後も変わらない税込み価格)で6畳和室の個室です。
まあ、安いゆえに不便な点や気になる点もありますが、リピーターも多いらしく、私は結構気に入りました。

アクセスはゆいレール県庁前駅から徒歩10分、牧志駅からだと15分くらい。少し坂道がありますが、スーツケースでも大丈夫です。
県庁前駅から行く場合、少し遠回りになりますが、国際通りの松尾というT字路(角にホテル国際プラザがあります)を右折し、少し坂道を上り、大嵩写真館の先の狭い通りを右折すればすぐに分かります。

何の看板もない普通の家の玄関ようなところが入口です。夜だとちょっと分かりにくいかも。
ちなみに夜は24時過ぎるとロックがかかります。

玄関では靴を脱ぎます。

ドアを開けると音が鳴るようになっていて、階段の奥の管理人室からウチナージラ(沖縄らしい濃い顔)のご主人が出てきてくれます。
玄関のドアを開け閉めするたびにご主人が出てくるという口コミもありましたが、そんなことはなかったです。

部屋は6、7室くらいでしょうか。私の部屋は2階でした。

部屋は6畳の和室で、壁が剥げたりしていますが、綺麗に掃除されていて、のんびりできる雰囲気です。ふわふあした厚い布団が好みの方にはどうかの薄っぺらい布団ですが、シーツは綺麗に選択してあり、パリッとしていました。
宿泊中シーツ交換はなかったですが、言えば交換してもらえたのかもしれません。
小さなテレビと机もあります。タオルや歯ブラシなどはありません。Wi-Fiはかなり快適につながりました。

冷房はコイン式の有料です。使っていないのですが90分100円だったと思います。

残暑厳しい9月下旬でしたが、夜は割と涼しく、この扇風機だけでまったく問題ありませんでした。
部屋からの眺望は、まあこんなもんでしょう。

薄い部屋のドアですが、周囲は静かな場所で、また他の宿泊客の方のマナーも良かったのだと思いますが、音がうるさいと感じたことは1回もありませんでした。
一応これでもオートロックです。

トイレは2階にあって男女共用です。

ウォシュレットでもありません。この男女共用のトイレは抵抗感がある方もいると思います。特に女性の場合。

洗面所も2階に一つあるだけです。冷蔵庫も部屋になく共用のものが置いてあります。

浴室はシャワーのみで、もともとは浴槽もあったような造りですが、今はこのとおりです。
かなりの広さはありますが、脱衣場はなく、この浴室の中で着替えることになります。



一応洗濯機はあるようですが、ホースは外されていて、言えば使えるようにはしてくれるとのことでした。有料で確か200円だと言っていました。

コンビニは歩いて1分ほどの場所にファミリーマートがあります。
駐車場は歩いて2分の松尾公園の前にタイムズのコインパーキングがあり、ここにはカーシェアもあるので便利です。

飲食は全く困らないと思います。国際通りには徒歩3分だし、公設市場周辺へも徒歩5,6分です。
公設市場近くの商店街の飲み屋。せんべろがある人気店

これもせんべろの店「パーラー タコス・タコス 」。これにワインや泡盛などアルコール3杯で千円ぽっきり。

公設市場近くの商店街には沖縄らしいこんな渋い食堂もあります。安いですよ。

ホテルのような快適さはないけれど、宿泊料金の安さと、立地の良さ、そしてなぜか懐かしさを感じる雰囲気、また利用してもいいかなと思える宿でした。

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: ホテル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*