42.「伊豆急行線一日乗車券」で伊豆急の旅満喫

「伊豆急行線一日乗車券」で伊豆急の旅満喫

関東近辺の鉄道路線として車窓が美しいことで知られる伊豆急行線
伊豆半島の東を走る伊豆急行線は相模湾など車窓の景色が素晴らしいことで人気の路線ですが、運賃が高いことでも有名です。伊東から終点の伊豆急下田まで普通列車で片道1時間ちょっとの乗車ですが、運賃は1,620円もします。

実は、伊豆急線をのんびり旅するのに最適のお得なきっぷがあります。
今、ヤフオクなどで多数出品されている「伊豆急行線一日乗車券」です。どうやら東急電鉄の株主優待のようです。
伊東駅~伊豆急下田駅が乗り降り自由の一日フリー乗車券で、特急踊り子号を利用する場合も特急券の購入すれば乗車でき、有効期間は2018年6月末までで、2枚セットで1,500円から1,800円で取引されているようです。伊東~伊豆急下田間は往復で3,240円ですからかなりお得だと思います。

実は、同じような切符で伊豆急が発売している「伊豆満喫フリーきっぷ」というのがあるのですが、発売期間が限られているため(平成29年度は9月1日から1月31日まで)河津桜や夏のシーズンには使えません。料金は大人1,700円でこれでもかなりお得なのですが、ヤフオクで買う「伊豆急行線一日乗車券」の方がだいぶ安いですね。また、発売場所が伊東駅のみどりの窓口に限られているため、東京・熱海方面からくる場合、きっぷを購入するために伊東駅で下車する必要があります。


私が旅した時は「伊豆急行線一日乗車券」が出品されていませんでしたので、「伊豆満喫フリーきっぷ」を利用しました。


熱海でJR伊東線に乗り換え伊東駅に向かいます。熱海-伊東間には来宮、伊豆多賀、網代、宇佐美と4つの駅がありますが、いずれも無人駅です。
来宮を過ぎると伊東線は山の中に入りトンネルも通りますが、伊豆多賀駅を過ぎたところから高台を走る車窓の合間から相模湾が見えてきます。


伊東駅が近づくと海が近くに見えるようになります。

 
伊東駅で途中下車し、「伊豆満喫フリーきっぷ」を購入
伊東駅には祇園という駅弁屋さんがあり、立ち食い蕎麦もいただけます。ホームからも改札外からもいただけます。


伊東駅前には温泉街らしい商店街が残っています。

 
伊東駅周辺には10もの温泉共同浴場があり、観光客も低料金で利用できます。
駅から徒歩数分の場所にある汐留の湯(湯川第三浴場)入浴料は250円です。


洗い場の蛇口から出るのも水ではなく温泉

伊東駅から先は伊豆急行線になりますが、おすすめは豪華なリゾート列車リゾート21です。
普通列車のため乗車券だけで乗車できます。

 
伊豆急が誇るリゾート列車リゾート21「黒船電車」


こちらは従来のリゾート21


伊豆大川駅 各駅ごとに温泉があるといっていい伊豆急線

 
伊豆北川駅 なんとも趣のある無人駅です。急な坂道を下ると海岸に出ます。


伊豆北川駅の北側に有名な黒根岩風呂があるのですが、昨年の台風で大きな損害を受け、現在休業中です。こちらは休業前の様子


片瀬白田-伊豆稲取間は伊豆急の中でも最も海沿いを走る区間で、車窓には大島が望めます。


金目鯛で有名な伊豆稲取が見えてきました。


伊豆稲取駅近くにあるパワースポットで有名な「済広寺」は別名「かやの寺」


これからに季節は何と言っても河津桜。たいへん込みます。


その河津桜が咲き誇る場所からほど近くに間歇泉で有名な峰温泉大噴湯公園があります。


河津駅の次は山間部にある稲梓駅


南国風情一杯の伊豆急下田駅はお土産も充実


リゾート21と踊り子号のツーショット

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: ローカル私鉄の旅, おトクなきっぷ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*