36.飯田線 秘境駅田本駅から隣の温田駅までを歩く(地図・写真付)

飯田線 秘境駅田本駅から隣の温田駅までを歩く(地図・写真付)

今の秘境駅ブームの原点となった飯田線。秘境駅ブームの火付け役である牛山信彦氏の秘境駅ランキングでも100位以内に7駅がランクインしています。
ただ、これらの秘境駅を1日ですべて回るのは困難で、電車の本数を考えると1泊2日でも駅間を歩くなど工夫が必要です。
そういう中、上下線を効率よく利用するために、秘境駅の田本駅とお隣の温田駅(これは秘境駅じゃない。)間を歩いて移動する方法がよく紹介されています。
私も実際に歩いてみましたので、写真と簡単な地図を付けて紹介したいと思います。

 


簡単な地図ですが、大体こんな感じです。


出口は狭いホームの豊橋寄りの階段です。


階段を上がるとすぐに案内板があります。


左側の泰阜村田本~温田(ウォーキングコース)方面へ行くと小さく曲がりくねった山道を登り県道1号線に出ますが、右側の竜田橋・阿南町方面へ進みます。(地図①)


竹林の道。歩きやすく、右手の竹の隙間からは天竜川が見えます。


天竜川を渡る竜田橋までは田本駅から500mです。


小さなつり橋に出ます。(地図②)

小さな吊り橋を過ぎて右折すればすぐに竜田橋に着きます。真っ直ぐ行くと道は途切れてしまうようです。

竜田橋まで田本駅からちょうど500mです。


竜田橋は天竜川にかかる立派な吊り橋です。(地図③)


吊り橋の下には天竜川がゆったりと流れています。


吊り橋の上から振り返れば、先ほど通ってきた小さな吊り橋と、その上には飯田線の鉄橋が見えます。

竜田橋を渡り、道なりに川沿いの道を進みます。


この辺りから左手に民家が見えてきます。里山というか日本の原風景が広がります。(地図④)
この先道が二つに分かれますが、どちらを進んでも先で合流します。右側の道を行くことにしました。


左手に天竜川を望みながら進みます。ちょうど対岸の辺りが温田駅だと思われます。(地図⑤)

竜田橋を渡り20分くらい歩くでしょうか、小さな橋を渡ります。(地図⑥)

渡って左折し数分歩くと正面に大きな病院(阿南病院)が見え、広い道に出ます。県道1号線です。

阿南町といえば、ふるさと納税が始まった頃、返礼品で大量のお米がもらえると一躍有名になった自治体です。(1万円の寄付で20㎏のお米)

阿南病院の前を左折します。


すぐに大きな橋(南宮橋)を渡ります。(地図⑦)


南宮橋からの景色ですが、天竜川の流れに色づいた里山、里山の斜面へばりつく家々、日本の景色そのものです。いいですよね。(地図⑧)


南宮橋を渡り道なりに左方面へ進むと、間もなく温田駅に到着します。田本駅から1時間弱です。温田駅前にはお店も少し並んでいます。(地図⑨)


温田駅から次の秘境駅為栗駅へ向かうことにします。

田本駅で次の列車を1時間20分待ってもいいと思いますが、山里というか日本の原風景というかそういう景色を楽しみながらのんびり歩いてみるのもいいと思います。

赤字が利用した列車です。
下り列車 田本駅着  11:50(豊橋発8:10)
下り列車 田本駅通過 12:11頃(特急ワイドビュー伊那路1号)
上り列車 田本駅発  13:10
上り列車 温田駅発  13:13(為栗着13:18)
下り列車 為栗駅発  13:45(天竜峡行)

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: 普通列車の旅, -JR東海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*