7.JR東日本 夏の増発列車 青春18きっぷで乗れる「楽しい列車」、「おトクな列車」

  5月19日に恒例の「夏の増発列車」がJR各社から発表になりました。
7月1日~9月30日の間に運転する増発列車ですが、やはり圧巻なのはJR東日本です。
各地のキャンペーンやイベントにあわせた臨時列車や「のってたのしい列車」が各地で運転されますが、嬉しいのはその多くが在来線の快速列車だということです。
さっと数えてみるとその数はおよそ70種類、これらすべて青春18きっぷや北海道&東日本パスなどの普通列車用フリーパスで乗ることができます。
その中からいくつかピックアップしてみましょう。

1.小海線 HIGH RAIL 1375
小海線に新たにデビューするのってたのしい列車「HIGH RAIL 1375」は、キハ100系、キハ110系を改造した2両編成で、小淵沢-小諸間を7月以降土日を中心に運転されます。
全車指定席(通年大人820円・こども410円)ですが、旅行商品での発売のほか一般販売もあり、「えきねっと」での購入も可能です。
標高が高い小海線での運行から「天空にいちばん近い列車」をコンセプトとしているそうで、「HIGH RAIL 1375」という列車名の由来は、標高の高さを表す「ハイ」と線路の「レール」に、JR線標高最高地点である1,375m(清里~野辺山間)を組み合わせた造語で、標高の高い小海線から天空や星空を楽しんでもらいたいとの思いを込めたそうです。
また、「オリジナルブランチ」や「スイーツ」も事前予約で列車内でいただくことができます。

運行本数は1日3本で、小淵沢10:30発、小諸14:22発のほか、星空を楽しむ小淵沢18:20発が運行されます。昼間の2本なら普通列車でも首都圏から日帰りで十分楽しめると思います。

 

2.SL YOGISHAみなかみ
今年も上越線をSL夜汽車が走ります。
各地で運行されているSL列車はどこも人気ですが、なかでも夜走る列車は客車内のちょっとほの暗い照明など一層ノスタルジックな雰囲気を楽しむことができます。
7月8日(土曜日)一日限定ですが、今年も上越線の高崎-水上間をSL+旧型客車5両で一往復します。
高崎発16:50は問題ないのですが、おり返しの水上発は20:41で高崎到着は22:38

高崎線の最終列車がちょうど出てしまった後なので、残念ながら普通列車では大宮や東京にはその日のうちに帰ってこれません。ここは22:50高崎発の最終新幹線で帰ってくださいということなんでしょうね。

 

3.リゾートやまどり
JR東日本高崎支社高崎車両センター所属の485系で運転されるリゾートやまどりの最大の特色は快適さではないでしょうか。

485系を改造した車両は、可動式フットレスト装備のゆったりした座席に大きな窓、展望室や和テイストのミーティングルーム、キッズルームも設けられています。そして、一人旅にも嬉しい1列+2列の座席配置。普通料金で乗れる列車(指定席は必要)の中ではトップクラスの快適さを誇ります。
同じ485系を改造したきらきらうえつやジパング平泉などは2列+2列の座席配置です。
このリゾートやまどりの車両を利用した夏の臨時列車は次のとおりです。
リゾートやまどり 大宮-長野原草津口
リゾートやまどり富士山  高崎-河口湖
リゾートやまどりみなかみ 熊谷-水上
烏山山あげ祭号(リゾートやまどり車両) 新宿-宝積寺
やまどりもぐら 水上→越後湯沢
やまどりループ 越後湯沢→水上
たんばらラベンダー号 上野-沼田
谷川もぐら 上尾→越後湯沢
谷川ループ 越後湯沢→上尾


485系


1列+2列の座席配置


和テイストのミーティングルーム

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: 普通列車の旅, -JR東日本, 臨時快速列車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*