4.東京駅発 日帰りで行く只見線

 4.東京駅発 日帰りで行く只見線

車窓が美しいことで知られる只見線、常に行ってみたいローカル線の上位に上げられる人気路線で、最近は海外からも注目されています。
さて、この只見線、東京から日帰りで行くことは可能なのでしょうか。結論から言うと東京駅に戻ってくるのが0時を少し回りますが、きっぷ的には日帰りが可能です。

未だ一部区間が不通のままですが、3月の下旬、青春18きっぷを使って行って来ました。朝は割と遅めの出発ですし、只見線の起点小出駅へ行く途中の上越線も車窓が楽しめていいのですが、只見線の終点会津若松から郡山へ着く頃にはもうとっくに日が暮れ、郡山から東京までの4時間半が退屈で結構辛いものがありました。確かに日帰りで行って帰って来れますが、会津若松か郡山辺りで一泊し、翌日、磐越東線や水郡線を楽しんで帰ってくるのがいいかもしれません。

只見線に乗る前の上越線は変化があって結構楽しめます。
水上駅を出ると間もなく新清水トンネルに入りますが、湯檜曽駅、土合駅の下り線ホームはトンネルの中に設けられています。特に土合駅はホームから改札口まで462段の階段を上がらなければならないことで有名で、もぐら駅とも呼ばれています。

只見線の起点小出駅

青春18きっぷ期間の休日ともなればご覧のとおり車内は結構混んでいます。ワンマンカーではなく、車掌さんが乗車していて、只見駅で代行バスに乗り換えるかどうか聞いてくれます。

只見駅到着

この日のように代行バス利用者が多ければ、大型のバスが用意されますから、満員で乗れないということはありません。普段はマイクロバスのようです。この日はこの大型バスとマイクロバスの2台で乗客を会津川口駅まで運んでいました。

代行バスから只見線の鉄橋が途中で落ちてしまっている光景がはっきりと見えました。

こちらは会津川口駅で只見線に乗り継いだその先の列車からの眺めです。只見川の絶景が車窓を流れていきます。


<ルート>

所要時間:約16時間
東京8:29(高崎線)高崎10:15/10:24(上越線)水上11:28/11:40(上越線)小出12:56/13:11(只見線)只見14:28/14:32(代行バス)会津川口15:22/15:27(只見線)会津若松17:19/18:13(磐越西線)郡山19:29/19:42(東北本線)黒磯20:45/20:56(宇都宮線)宇都宮21:48/22:20(宇都宮線)上野0:01/0:09(京浜東北線)東京0:16

SLみなかみ運行の日であれば、少し早く東京を出て高崎駅や渋川駅などのSL停車駅に着けばD51に会えますよ。

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: 普通列車の旅, -JR東日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*