2.東京駅発 東京から「越乃Shu*Kura」に日帰りで乗りに行こう。

2.東京駅発 東京から「越乃Shu*Kura」に日帰りで乗りに行こう。

全国でも他に類を見ない地酒王国新潟が誇る日本酒三昧列車が「越乃Shu*Kura」です。
呑み鉄にはたまらない地元新潟の蔵元による地酒の試飲イベントや、ジャズの生演奏などが列車内で楽しめます。ただし、JAZZ生演奏スペシャルデーの場合は酒蔵イベントがありませんので、お酒目的の方は注意が必要です。

520円の指定席料金を払えば乗れる快速列車ですが、人気でなかなか指定席も取れないようです。

さて、この列車に首都圏から日帰りで乗りに行くことはできるのでしょうか。もちろん、新幹線など使わずに普通列車だけを利用してです。

結論から言うと、東京駅4時45分という京浜東北線の始発に乗る必要はありますが可能です。
青春18きっぷの場合、北越急行ほくほく線内の料金1,170円が別に必要ですが、北海道&東日本パスなら北越急行線の普通列車(快速を含む)も乗り放題ですので、追加料金は不要です。

キハ40・48形が内外装ともお洒落に改造された3両編成

酒蔵イベントもJAZZの生演奏も柏崎~宮内間、長岡~越後川口間の2回あります。

生演奏を聴きながら地酒を楽しむという、そこんじょそこらのお洒落な居酒屋も真っ青な列車です。

<ルート>
所要時間:約14時間
東京駅4:45(京浜東北線)さいたま新都心5:30/5:36(高崎線)高崎6:55/7:12(上越線)水上8:17/8:24(上越線)越後湯沢8:57/9:14(上越線・北越急行線)直江津10:14/10:18(越乃Shu*Kura)越後川口12:00/14:12(上越線)水上15:46/15:53(上越線)高崎16:56/16:59(高崎線)東京18:54
「越乃Shu*Kura」で終点の十日町(日によっては越後湯沢や新潟行があります。)まで乗っても、北越急行ほくほく線で帰ることができます。

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: 普通列車の旅, -JR東日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*