6.旭川発 日本一長大なローカル線宗谷本線を普通列車で旅する。

 6.旭川発 日本一長大なローカル線宗谷本線を普通列車で旅する。

壮大な北の大地を日本最北の地へ向けて走る全長259.4㎞の宗谷本線。特急列車も走っているとはいえ、名寄以北は列車本数も極端に少なく、普通列車は5本、特急列車が3本です。普通列車のうち終着稚内まで行くのは3本、そのうち1本は音威子府駅発5:35ですから、普通列車だけの全線制覇はなかなか困難で、ましてや日帰りでは不可能です。
ちなみに旭川発6:03の普通列車に乗ると稚内に着くのは12:07、もし日帰りするなら稚内発13:01の特急サロベツ4号か17:46発の特急宗谷で折り返すしかありません。
しかし、宗谷本線の醍醐味である車窓から無人の山間部や荒涼とした大地、趣ある駅舎やホームをゆっくり楽しむなら、キハ40やキハ54のディーゼルの振動に揺られながらの普通列車の旅ではないかと思います。

 

A.秘境駅北剣淵駅も訪問 午後半日利用の旭川-名寄プラン

旭川から名寄までは壮大な原野というよりは塩狩峠付近など主に無人の山間部を行く区間になります。この区間は比較的列車本数も多いため、午後半日だけでも普通列車の旅を楽しむことができます。
このプランは、塩狩駅や路線バスを併用して秘境駅である北剣淵駅を訪問するプランです。

<ルート>
所要時間:約5時間
旭川12:31(宗谷本線)塩狩13:11(徒歩10分)塩狩バス停13:53(旭川バス)難波田橋バス停14:31(徒歩20分)北剣淵15:13(宗谷本線)名寄15:48/16:15(宗谷本線)旭川17:50

北剣淵駅15:13の列車は音威子府行ですが、仮に音威子府まで行っても、その先接続する普通列車がなく、特急列車も21:48発のサロベツ3号まで待たないとなりません。名物音威子府の駅そばも営業時間外ですし、音威子府から先の折角の車窓も真っ暗ですからおすすめできません。

塩狩峠をキハ40が喘ぎながら登っていきます。

塩狩駅

13:45頃に塩狩駅を通過する旭川行快速なよろ。かなりのスピードなので、ホームでの撮影は要注意です。

駅のそばにある三浦綾子さんの旧宅を復元した塩狩峠記念館

バス停は国道に出て、少し名寄方面に下るとあります。徒歩10分弱

北剣淵駅の最寄りは難波田橋バス停

歩いて20分ほどで北剣淵駅

ホームから少し離れた場所にある物置小屋のような建物が待合室です。

しばらくしてやってきた音威子府行に乗車します。

 

B.宗谷本線の名寄以北の趣ある駅巡りプラン

「出発!ローカル線 聞きこみ発見旅」というテレビ東京系のBSジャパンで放映されている旅番組があります。
芸能人2人が全国各地のローカル線の始発駅から終着駅まで、適当に道中下車し、地元の方に聞きこんだオススメの店や絶景ポイントなどをアポなしで訪ねながら、2日間で10か所の名所登録をするという番組です。ローカル線は私鉄や第三セクター線のほかJR線も取り上げられています。最近だと、九州の日田彦山線や兵庫の播但線が取り上げられています。
しかし、宗谷本線、特に名寄以北がこの番組で取り上げられることはないでしょう。一度途中下車すると次の列車が8時間後とかになってしまうので、番組が成立しません。
でも、趣のある駅舎やホームが残る駅をじっくり見てみたいのも事実です。そんなわけで、レンタカーで気になる駅を回ってみることにしました。

<ルート>
宗谷本線名寄以北の車窓を明るいうちに楽しみながら普通列車で旅するには次の3本の列車しかありません。
旭川6:02発 名寄7:46着/7:54発 稚内12:07着
稚内5:02発 名寄 8:47着
稚内10:27発 名寄14:23着
ほかに、名寄14:52発 稚内19:49着という列車もありますが、宗谷本線の愁眉ともいうべき抜海を過ぎたあたりはもう暗くなっていてサロベツ原野の向こうに浮かぶ利尻富士が望めません。

今回紹介する駅々は、稚内で一泊した翌日レンタカーで回った駅々です。いずれも、風情たっぷり、いつまでも残してほしい駅です。

抜海駅

兜沼駅

雄信内駅

糠南駅

音威子府駅

天塩川温泉駅

豊清水駅

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: -JR北海道, 普通列車の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*