3.札幌駅発 函館本線山線・海線をぐるっと一周しちゃおう。

3.札幌駅発 函館本線山線・海線をぐるっと一周しちゃおう。

小樽駅-長万部駅間の通称「山線」と、長万部駅から室蘭本線・千歳線を経て札幌方面に接続する特急列車が走るルート通称「海線」を、ぐるっと一回りしてみようというプランです。
この両線は、同じ函館本線ながらまったく違った車窓が楽しめますし、長万部では名物のかにめしを食べる時間も十分にあります。
札幌を10時過ぎに出て、19時半前には帰ってくるプランなので、当日の天気の状況などを見ながら決行を決めることができます。
青春18きっぷや北海道&東日本パスが利用できない期間でも、4月1日~11月5日の土曜・休日であれば、JR北海道の「一日散歩きっぷ」を使えばわずか2,260円ですべての区間を回ることができますし、個人的にもとっても気にいってるプランです。

もし札幌駅を朝7時過ぎに出ることができるなら、余市のニッカウヰスキー工場に立ち寄ってみましょう。2時間以上見学の時間も取れますし、美味しいウイスキーの試飲も楽しめます。

余市駅から徒歩5分程の広々とした敷地の中に工場はあります。敷地内を歩いて回るだけでも結構楽しめます。

お土産に好評だったチョコレート

いくつもの峠を越えて走る山線

倶知安駅到着

この倶知安駅から徒歩10分のところ二世古酒造という小さな酒蔵があります。小さいけれど歴史ある酒蔵で、店主こだわりの原酒がおすすめです。
倶知安での乗り換え時間が25分なのでぎりぎりですが、列車の旅のお供に一杯やるならひとっ走り行って買ってくる手もあります。

2017年3月4日に廃止された蕨岱駅。車掌車改造の駅舎の向こうに小さな鳥居が。

山線はキハ150二両編成です。倶知安を過ぎて長万部まで来るとガラガラですが、ニセコ近辺は国際色豊かな乗客で結構混んでいてました。英語の車内放送もありますよ。

駅弁で有名なカニめしは、長万部の駅からすぐのところにあるお店で作っています。

長万部からは海線。しばらくは内浦湾(噴火湾)沿いに列車は走ります。

所要時間:約12時間
札幌7:14(函館本線。ずっと同じ函館本線です。)小樽8:01/8:05 余市8:29(余市でニッカウヰスキー工場
余市11:18 倶知安12:10/12:35 長万部14:07/15:26 東室蘭16:55/16:58 苫小牧18:09/18:16 北広島19:03/19:05 札幌19:22

のんびりとローカル線を普通列車で旅をするのが大好きです。 フリーパスを使って、主にJR東日本・JR北海道エリアを旅しています。

カテゴリー: -JR北海道, 普通列車の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*